2016年02月29日

3/5・3/6(旧)騎西高校「アオギリにたくして」上映〜!

東日本大震災から5年目‥‥。

5nenmeno-3113.jpg

町役場ごと約1400人の双葉町の皆様が避難生活を送られていた埼玉県の(旧)騎西高校にて、3月5日と6日の二日間に渡り、NPO法人加須ふれあいセンター様の主催によるイベントが行われます。

埼玉県の騎西高校内に移転されていた双葉町の町役場は、2013年6月17日以降町役場をいわき市に移転されましたが、今も加須市には500人近くの双葉町の方々が移り住んでいます。そして、2016年2月現在も双葉町は、ほぼ全域が「帰還困難区域」に指定されたままの状況が続いています。

3月5日、6日のイベントを主催される「NPO法人加須ふれあいセンター」の皆様は、2011年3月11日の東日本大震災の発生以来、埼玉に避難された方々に地元市民ボランティアや多くの支援団体と共に支援に取り組み、避難されてきた方々と一体となって運営を続けておられます。

先日、加須ふれあいセンターに打ち合わせに伺わせていただき、会場となる(旧)騎西高校でミーティングが行われました。

昨年5月、加須市にある保寧寺にて、我々のライブ活動をずっと応援してくださっている安部素子さんが「アオギリにたくして」上映会を開いてくださり、その時に加須ふれあいセンター皆様との出会いをいただきました。山口様と今村寛先生に大変お世話になり、今村先生が作詞された復興支援の歌が、双葉町の伊澤恭子さんによる写真と共に「アオギリにたくして」上映後に流れました。

今村先生は、加須ふれあいセンターのボランティアとしてご活躍され、悲しみにくれる人々の心を癒すために歌で復興支援もされていました。「ちゃまんじゅうマン」「よりそい人」「風のいたずら」「浪江慕情」「双葉の桜」などの作詞・編集に携わられ、双葉の方々の心に寄り添われてきました。

その今村先生が、ご病気により昨年11月19日享年56歳にて永眠されたことを、先日のミーティングで知り、とてもショックを受けています‥‥。

今村先生の歌詞に込められた思いを感じながら‥‥、どんな時も優しい眼差で命を見つめ続けておられた先生の姿が偲ばれます。ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

newsL.gif
▲今村先生のことが掲載されてる新聞を先ほど読み、改めて歌詞に込められた今村先生の深い思いを知りました ‥‥

3/5(土)12:00より・3/6(日)11:00より、(旧)騎西高校2Fにて「アオギリにたくして」上映が上映されます。また、6日の2時より中村里美&伊藤茂利ライブで参加させていただきます。

改めて、東日本大震災で尊い命を失われた方々のご冥福を改めてお祈り申し上げます。
被災地の復興への祈りと共に、被災者の皆様に寄り添い、支援をずっと続けておられる加須ふれあいセンターの皆様への感謝を込めて、3月5日・6日の両日参加させていただきます。

◎詳細:主催の加須ふれあいセンターH P→ http://kazofureai.com
 連絡先:山口 E-mail: fureai.kazo@gmail.com
 電話:0480-31-9511

==================
「アオギリにたくして」上映会
==================
◎日時:2015年3月5日(土)12:00〜
        3月6日(日)11:00〜
◎会場:(旧)騎西高校
◎詳細:NPO法人加須ふれあいセンター
 連絡先:E-mail: fureai.kazo@gmail.com(山口)
 電話:0480-31-9511
 H P:http://kazofureai.com
☆3月6日(日)2:00〜中村里美&伊藤茂利ライブ
    
posted by aogiri at 14:04| 東京 ☀| 最新情報 What's New? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

5年目の3.11イベント in 騎西高校にて「アオギリにたくして」上映&「いのちの音色」LIVE

Event_0305-06.jpg

3月11日で東日本大震災から5年を迎えます。

埼玉県加須市に避難されてきた双葉町の方々を中心に支援活動を続けているNPO法人加須ふれあいセンター様の主催により、避難先であった(旧)騎西高校にてイベントが開催されます。

既に閉鎖されている騎西高校ですが、3月5(土)・6(日)日限定で解放されることになり、避難された方々も、支援された方々も、みなさんが一同に会し交流イベントが開催されます。

昨年、保寧寺での「アオギリにたくして」の上映会を企画してくださった安部素子さんより、下記メッセージが届いています〜!お世話になった皆様からご連絡いただき、 3月5日に「アオギリにたくして」が上映され、6日は中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」ライブで我々も参加することに急遽なりました〜♪♪♪

〜安部素子さんからのメッセージ〜

去年の保寧寺での「アオギリにたくして」の上映会開催の折に大変お世話になったNPO加須ふれあいセンターと加須に住んでいる双葉町の方々、地域の方々が イベントを準備中です。全国からのボランティアと心を寄せ・励ましあっての避難生活をされた 旧騎西 高校。もう一度あの場所で交流し、次に繋げたい・・・

添付チラシの内容の他にも・上映会「アオギリにたくして」・篠笛 琵琶と 語り「敦盛」・埼玉合唱団・「命の音色」中村里美&伊藤茂利・島唄バンド 等 沢山のパ フォーマンスも予定されています。被災地を繋ぐ「絆コーナー」など 次々参加が増えています。

また、あらゆるボランティア・募金が不足です。是非、足をお運びください。そして貴方もつながって頂けたら嬉しいです。

================
〜連絡先:加須ふれあいセンター〜
================
☎ 0480−31−9511
E-mail: fureai.kazo@gmail.com
ホームページ http://kazofureai.com/

posted by aogiri at 13:29| 東京 ☀| 最新情報 What's New? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

アラスカでの出会いから30年‥‥ジャーナリスト北岡和義氏が「アオギリにたくして」上映!

原点となる体験の中で、アラスカで出会った北岡和義先生が3月14日(月)に「アオギリにたくして」上映会の企画をしてくださいました〜!!

北岡和義先生にはじめて私がお会いしたのは約30年前。アラスカの学校や教会等で原爆映画の上映会をしていた時のことでした。当時、ロサンゼルスでテレビ報道をされていたジャーナリストの北岡和義先生が「地球のてっぺんにいる日本人に会いに行こう!」とアラスカまで取材に来られたのです! 今は亡き写真家の星野道夫さんを取材した後、州都のジュノーまでドキュメンタリー制作のため北岡先生が来てくださいました〜!

北岡先生の強さと優しさと正義に向かう迫力に圧倒され感動したあの日! 知識もなく、英語力もなく、ただただ思いだけでヒロシマ・ナガサキの被爆者のメッセージを伝えていた22歳の私をとてもあたたかい目で見守ってくださいました。「こんな大人がいるんだ‥‥」と思い、希望を感じたあの日を今も忘れません。

アラスカ・オレゴン・オハイオ・ネバダ・ニューヨークと一年間かけてまわった後、日本への帰国前にロスの北岡先生のご家族のもとで、ホームステイをさせていただき大変お世話になりました。

あれから30年‥‥。
ロスでのテレビ報道の数十年を経て日本に帰国された北岡先生は、日大の日本大学国際関係学部 で教鞭をとり、日本の若者に北岡魂を伝え、そしてこの春、大学での仕事に一区切りをつけ、新たに北岡さんが動き出します〜!!

「まっとうなジャーナリスト像」が必要とされている今、北岡先生が日本に帰ってきてくださったことに感謝です〜!!

映画「アオギリにたくして」の初プロデュースを行う中で、辛く、苦しく、戸惑いの中にあった2012年の暮れに、北岡先生のご自宅を訪れ、アドバイスをいただき、再撮影に向けての勇気と共に、原点を見失わず、初心を忘れず、志を貫くことの大切さを学びました。

相変わらず、ただただ思いだけで動いる我々でありますが、その思いだけは純粋です。映画「アオギリにたくして」上映を北岡先生に企画していただき、心より感謝申し上げます。

「ステキに生きる大人が増えれば、きっと世界もステキになる〜!」 いつまでもステキな北岡先生の後ろ姿を見ながら、私たちも一歩一歩がんばります!!これからも、よろしくお願い申し上げます〜!!

北岡さん.jpg
▲ジャーナリスト:北岡和義さん


〜北岡和義先生からのメッセージ〜

30年前、アラスカでお会いした中村里美さん。映画「アオギリに「たくして」を制作、現在、全国で上映運動を展開しております。英語で被爆体験をアメリカ人に伝える運動「ネバー・アゲイン・キャンペーン」に参加した若い女性を追って、アラスカ州都ジュノーを訪ねたのが1986年12月、雪の極北で語った里美さんの「平和」は厳しく哀しく、かつ凛々しいものでした。大晦日の夜、特別番組「中村里美22歳、極北の越年」を放送しました。

ぼくは今季3月末で日大を退職します。それを期に中村さんの上映運動の一環を担いたいと下記、映画会を東京・神田の専修大学神田校舎5号館542教室で開きます。入場無料。中村さんの運動を支援するため、会場でカンパをお願いすると思います。なお、映画鑑賞会の後、近くの学士会館で懇親会を開きます。下記の方々が本イベントの呼びかけ人です。

〜呼びかけ人〜
芥川麻美子・味岡修・天田俊明・綾尾愼治・安斎洋治・石川好・石坂芳男・岩崎貞明・植村隆・内田忠男・江田五月・大谷昭宏・大西文一郎・大森徹・鎌田慧・北修嗣・小中陽太郎・後藤正治・須藤甚一郎・高野孟・竹中征夫・田原総一朗・千谷基雄・土屋直也・西原賢太郎・福田誠之郎・保阪正康・二木啓孝・前田哲男・牧久・元木昌彦・横路孝弘・吉田正紀・若尾龍彦・渡辺武達 (あいうえお順)


◎日時:2016年3月14日(月)
・第一部:映画「アオギリにたくして」鑑賞会
(14:00-17:00)専修大学神田校舎(5号館542教室)入場無料
・第二部 懇親パーティ(18:00〜20:30)神田神保町・学士会館
会費:7,000円(会場受付で徴収)
◎事務局:東宮哲哉・渡辺勉
◎申し込み先:〒101-0048東京都千代田区神田司町2-15、田中ビル 平原社
◎TEL(03)3219-5861
◎E−mail:東宮GFE01330@nifty.com 
posted by aogiri at 21:57| 東京 ☀| 映画「アオギリにたくして」について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする