2016年03月29日

映画『アオギリにたくして』海外上映募金のお願い〜アメリカ上映よりスタート!〜

AOGIRIプロジェクト
〜『アオギリにたくして』海外上映募金のお願い〜


日本全国での自主上映活動を行っている映画『アオギリにたくして』の英語版字幕版が完成し、初の海外上映はアメリカから行われることになりました。これからの海外上映に向けての第一歩として、5月30日より約13日間渡米します。

アオギリの木.jpg

アメリカでの自主上映スタートに向けて、現地でご協力くださっているのは、『アオギリにたくして』が生まれる原点ともなった、日米協力草の根ボランティア活動「Never Again Campaign」(通称NAC)のアメリカ側代表で、マサチューセッツ州で教鞭を執っていた元大学教授(平和学)ドナルド・レイスロップ夫妻です。

NACは、10フィート運動で作られたフィルム「にんげんをかえせ」やアニメ「ピカドン」等をアメリカの学校や教会等で上映し、ヒロシマ・ナガサキの被爆者のメッセージを伝える活動でした。日本側代表の北浦葉子さんからは、『アオギリにたくして』製作に向けてご協賛をいただきお力添えをいただきました。

また、NACの活動を当初から応援し、映画製作とその後の上映活動をずっと見守り続けてくださっている小池崇子さんが、この度のアメリカ上映をレイスロップ教授ご夫妻と共に支えてくださり、日本から同行してくださることになりました。

今回の渡米は、今後のアメリカをはじめ世界での自主上映を広めていく第一歩となります。

憎しみの連鎖によるテロが世界に広がりつつある中、「自分と同じ苦しみを世界中の誰にもさせたくない」そのために二度と思い出したくない辛く苦しい体験を語り継いでくださった被爆者の方々の平和への願いこそ、世界に伝えていくべき大切なメッセージだと思います。


日本全国、そして世界各国での上映と共に、被爆アオギリ2世・3世の植樹活動を呼びかけ、アオギリに託された「いのちの大切さ」「平和の尊さ」への思いを届けていけるよう精一杯がんばります!これまでお世話になったヒロシマ・ナガサキの被爆者の皆様のメッセージを世界に伝えていくために全力投球ていきます。皆様のご支援・協力を何卒宜しくお願い申し上げます。


◎ご寄付のお願い
任意の額でご協力をお願いいたします。ご協力いただいた皆様のお名前を、当サイトのホームページに掲載させていただきます。掲載を希望されない場合は、通信欄にご記入いただくか、またはその旨メールかFaxにてお知らせください。
E-mail: info@musevoice.com または crosscultureplaza@yahoo.co.jp
TEL: 070-5568-8204 /FAX:042-734-3758(ミューズの里「アオギリにたくして制作委員会」)

〜 郵便振替 〜
【口座名】 アオギリにたくして制作委員会
【口座番号】 00130−7−267217
※郵便局の郵便振替用紙にご記入の際、通信欄に「上映支援募金」とご記入ください。

〜 銀  行 〜
【銀行名】みずほ銀行 【支店名】北沢支店
【口座名】(株)ミューズの里 アオギリにたくして
【口座番号】(普)1248965
※ 銀行からお振込をされる場合は、ご連絡先がわかりませんので事前にお名前とご連絡先をファックスで右記までお送りください(FAX:042-734-3758)


◎「アオギリにたくして」公式HP
http://aogiri-movie.net/

◎AOGIRIプロジェクト〜「アオギリにたくして」海外上映募金へのお願い〜
http://aogiri-movie.net/donation/

☆ご支援・ご協力くださっている皆さまに改めて心より感謝申し上げます。英語版字幕制作に向けて、共立社山形生協様が募金を呼びかけてくださいましたことに深く御礼申し上げます。また、ジャーナリストの北岡和義さんが主宰くださり、「アオギリにたくして」支援映画会を先日開催してくださいました。皆さまに心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。
posted by aogiri at 09:13| 東京 🌁| 最新情報 What's New? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

3/26今夜!「アオギリにたくして」父親役を熱演の風見しんごさん:土曜ワイド劇場「タクシードライバーの推理日誌」ON-Air!

映画『アオギリにたくして』では、父親役を熱演してくださった風見しんごさんがレギュラー出演されている土曜ワイド劇場「タクシードライバーの推理日誌」が今夜!3月26日(土)21時より、ON-Airされます〜!皆様、今日の21時は、チャンネルをテレビ朝日「土曜ワイド劇場〜タクシードライバーの推理日誌」へ〜!♪♪♪

風見しんご様.jpg

☆今夜(26日・土)21時〜テレビ朝日系【土曜ワイド劇場〜タクシードライバーの推理日誌】ON-Air!
是非、ご覧下さい! http://www.tv-asahi.co.jp/dwide/contents/story/0001/
posted by aogiri at 12:45| 東京 ☁| 出演者・スタッフ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

2016年「アオギリにたくして」自主上映募集中〜!

映画「アオギリにたくして」は、2016年も日本全国自主上映を続けていきます〜!6月は初の海外上映をアメリカから自主上映でスタートしていく予定です。皆様のご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます〜!

詳細は、下記の公式HPをご参照ください〜!
◎アオギリにたくして公式HP
http://aogiri-movie.net/

◎アオギリにたくして自主上映
→ http://aogiri-movie.net/myscreen/

アオギリの木.jpg

すでに決まっている上映会は下記となります〜♪

【京都】
◎日程:2016年5月14日
◎会場:京都外国語大学
◎主催:NET-GTAS


【岡山県・笠岡市】
◎日時:2016年7月23日 14:00〜
◎会場:笠岡市ギャラクシーホール
◎料金:無料
◎主催:笠岡市
◎問い合わせ:笠岡市人権推進課 
  TEL:0865-69-2120


【兵庫県・芦屋市】
◎日時:2016年8月6日
    10:30〜/13:30〜
◎会場:上宮川文化センター
◎料金:無料
◎主催:芦屋市人権課


【埼玉県・戸田市】
◎日時:2016年11月3日
◎会場:戸田市文化会館
◎料金:無料
◎主催:戸田市役所


☆6月第1週目は、アメリカでの自主上映が予定されています〜♪

皆様のご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます〜!!
posted by aogiri at 17:22| 東京 ☁| 映画「アオギリにたくして」について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飯石小学校で育まれた「如己愛人」「平和を」の思いと平和教育

飯石小学校閉校式.jpg

「アオギリにたくして」上映をしてくださった島根県の雲南市立飯石小学校の閉校式が、3月20日に行われました。

飯石小学校は、長崎で被爆しながらも負傷者の救護に尽くされ、愛と平和を訴え続けた永井隆博士の母校です。児童数の減少から3月20日に閉校式が行われ、142年の歴史に幕を下ろすことになりました。

飯石小学校新聞閉校式.jpg


閉校式までの様子を撮影させていただき、閉校式の第3部の感謝交流会では、「アオギリたくして」上映をしてくださった皆様に感謝しながら主題歌を歌わせて頂きました。

飯石小学校閉校式(里しげ).jpg


飯石小学校との出会いは昨年秋のこと。閉校前に「アオギリにたくして」の上映を実現したいと飯石交流センター「雲見の里いいし」事務局長の錦織斉子さんから熱いメールをいただいたことから始まりました。昨年10月に伺わせていただき、子供たちと地域の方々からたくさんの感動をいただきました。

飯石小学校1.jpg

飯石小学校では1年生から6年生までの全学年で平和学習に取り組み、平和教育を基礎とした教育活動が行われてきました。こんなステキな学校が日本にあることを知り誇りに感じるとても素晴らしい小学校でした。

16日の朝一番から中村柊斗監督とプロデューサーで音楽監督の伊藤茂利と共に撮影に入り、20日の閉校式まで取材させていただきました。

飯石小学校新聞2.jpg

閉校式には、飯石小学校を卒業された皆様もたくさん参加されていました。何人かの方々にインタビューさせていただきましたが、自分の母校を誇りに思う気持ちが伝わりとても感動しました。


「己の如く他人を愛する」というのは究極の理想論で自分には出来ないかもしれません。でも社会に出ていろんな場面で、その言葉を思い出すことで、どんな時も人への感謝の心を忘れずにいられます。母校に感謝しています」

「子供の数が減っていっていたので、いつかはこの日が来るかもとは思っていたけれど、閉校があまりにも早すぎて‥‥」

「世界では憎しみによるテロが広がる中、今改めて飯石小学校で学んだ永井隆博士の「如己愛人」「平和を」の言葉の深い意味を強く感じています。自分に出来ることを私たちがしていかなければいけないのだと思います。母校を誇りに思います。」

さまざまな思いの中で閉校式に参加されている方々の前で、23人の飯石小学校の子供たちは、これまでの感謝と未来への希望を太鼓と歌にたくし、見事な演奏と歌声を届けました。


飯石小学校の子供たちは、四月から、同市立三刀屋小学校に統合されます。三刀屋小学校でも、飯石小学校で培われた平和学習の継承に前向きに取り組んでいくそうです。飯石小学校では、永井博士の子どもが通った長崎市立山里小学校と姉妹校として交流を続けて来ましたが、受け入れる三刀屋小が山里小との交流を引き継いでいくそうです。

飯石小学校平和を.jpg

日頃、テレビや新聞などのニュースを聞く度に悲しくなる事も多い中、「人間とは?」「人が人らしく生きるために一番大切なものは?」「何のための教育なのか?」と感じる中で、飯石小学校の教育の中には、私たちが忘れてはいけない一番大切なものがしっかりと育まれ、希望を感じました。

飯石小学校が閉校されてしまうことは残念でなりませんが、飯石から三刀屋に、そして世界に!飯石小学校で培われてきた「如己愛人」「平和を」の精神と平和教育が広がっていくことを心より祈っています。

posted by aogiri at 10:05| 東京 ☀| 最新情報 What's New? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

「アオギリにたくして」支援映画会にご参加くださった皆様に心より感謝申し上げます〜♪

12832531_791271357644624_1129839918557298645_n.jpg

30年前にアメリカでヒロシマ・ナガサキを伝えていた頃、当時の様子をアラスカまで取材に来てくださり2本のドキュメンタリー番組をつくってくださったジャーナリストの北岡和義さんが主宰してくださり、専修大学にて「アオギリにたくして」支援映画会が3月14日に開催され、北岡さんのジャーナリスト仲間の皆様やお友達がたくさんかけつけてくださいました。

10156050_790783224360104_8103674737216430419_n.jpg

映画「アオギリにたくして」を観てくださった小中陽太郎さんからは、「10フィート運動が原点となって花開いた映画といえるでしょう」とコメントいただきました。たくさんの皆さまから、是非上映したいとお言葉をいただき心より感謝申し上げます〜♪

12814773_790777747693985_6787296792599929554_n.jpg


上映後には、学士会館に移り、北岡さんの激励パーティーで主題歌「アオギリにたくして」を歌わせていただきました。

田原総一朗さん.jpg

二木啓孝さん.jpg

二木啓孝さんが司会をしてくださり、田原総一朗さんのご挨拶に始まり、大谷昭宏さん、本多勝一さん、高野猛さん、内田忠男さん、前田哲男さん、保阪正康さん、小川和久さん、山口二郎さん、小中陽太郎さんはじめ、北岡和義さんのジャーナリスト仲間の皆様や各界でご活躍されているお友達が集まり、北岡さんのこれから益々のご活躍をみんなで激励する素敵なパーティーとなりました〜!!


大谷さん.jpg


これからも「アオギリにたくして」日本全国上映行脚が続きます。6月にアメリカで初の自主上映もスタートします〜!世界での自主上映に向けて地道に継続しながら、一歩一歩がんばります〜!!皆様のご支援・ご協力を今後ともよろしくお願い申しあげます〜!!
posted by aogiri at 20:44| 東京 ☀| 最新情報 What's New? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

3/12長野県安曇野市(穂高交流学習センター)にて「アオギリにたくして」上映〜!

aogiri_wara[1].jpg

安曇野市で映画「アオギリにたくして」が上映されます〜!昨年の11月には、広島市の松井一實市長が安曇野市を訪れ、広島平和記念公園の被爆アオギリの種子を育てた「被爆アオギリ二世」が安曇野市の本庁舎に植樹されたそうです〜!安曇野市の皆様、よろしくお願い申しあげます〜!

◎日 時:平成28年3月12日(土曜日)午後6時30分から(開場:午後6時)
◎場 所:穂高交流学習センター「みらい」多目的ホール
◎参加費:無料
◎定 員:200名(定員を超えた場合でも、ロビーに設置されているモニターにて観覧いただけます。)
posted by aogiri at 09:23| 東京 ☁| 最新情報 What's New? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

3/14(月)「アオギリにたくして」支援映画 6月アメリカ上映を予定!

B5チラシ(足直し済み)表 JPG のコピー.jpg

30年前、アメリカの学校や教会で原爆映画「にんげんをかえせ」上映を行っていた当時の様子をドキュメンタリー撮影をしてくださったジャーナリストの北岡和義さんが、3月14日(月)に「アオギリにたくして」支援映画鑑賞会を企画してくださいました〜! 専修大学神田校舎(5号館542教室)にて入場無料で上映されます〜!!上映の後は、近くの学士会館に場所を移動して、懇親会〜北岡和義激励パーティ〜が開催されます〜!

※アオギリにたくして」は、今年も日本全国上映行脚を行っていきます。5月末より米国へ!アメリカでの初の上映が行われる予定です〜!皆様のご支援・ご協力をよろしくお願い申しげます〜!!

〜呼びかけ人〜
芥川麻美子・味岡修・天田俊明・綾尾愼治・安斎洋治・石川好・石坂芳男・岩崎貞明・植村隆・内田忠男・江田五月・大谷昭宏・大西文一郎・大森徹・鎌田慧・北修嗣・小中陽太郎・後藤正治・須藤甚一郎・高野孟・竹中征夫・田原総一朗・千谷基雄・土屋直也・西原賢太郎・福田誠之郎・保阪正康・二木啓孝・前田哲男・牧久・元木昌彦・横路孝弘・吉田正紀・若尾龍彦・渡辺武達 (あいうえお順)

〜「アオギリにたくして」支援映画鑑賞会〜
◎日時:2016年3月14日(月)(14:00-17:00)
☆第一部:映画「アオギリにたくして」鑑賞会
 専修大学神田校舎(5号館542教室)入場無料
・お申し込み先:ミューズの里♪ E-mail: info@musevoice.com

☆第二部 〜北岡和義激励パーティー〜懇親会(18:00〜20:30)
会場:神田神保町・学士会館
会費:7,000円(会場受付で徴収)
◎事務局:東宮哲哉・渡辺勉
◎申し込み先:〒101-0048東京都千代田区神田司町2-15、田中ビル 平原社
◎TEL(03)3219-5861
◎E−mail:東宮GFE01330@nifty.com 
posted by aogiri at 00:24| 東京 ☁| 映画「アオギリにたくして」について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

「アオギリにたくして」手話ダンス(創作:三瓶裕美先生&雲南市「手話に親しむ会」の皆様)

アオギリの木.jpg

昨年、島根県の「雲見の里いいし」様の主催による映画『アオギリにたくして』上映会で出会いをいただいた三瓶裕美さんが、雲南市内で「手話に親しむ会」をされている皆さんにご協力いただき、主題歌「アオギリにたくして」の手話ダンスを創作してくださいました〜!!

◎三瓶裕美さんによる主題歌「アオギリにたくして」の手話ダンス
https://www.facebook.com/hiromi.sambe/videos/vb.100001619209660/1082965401767423/?type=2&theater

3・11を機に東京から雲南に移住された三瓶さんは、地域の小学校で子供たちのダンス授業の講師をされたり、ラジオのパーソナリティをされたり、そして、からだづくりと農ある暮らしをテーマに、人が集まる場づくりに取り組まれるなど、新しい生き方へのチャレンジを続けておられます〜!

「アオギリにたくして」上映と共に、是非この手話ダンスが広がっていきますように〜♪

来週、3月15日よりドキュメンタリー「いのちの音色」撮影のため、島根県の飯石に再び撮影に伺わせていただきます〜!!皆様よろしくお願い申し上げます〜!!
posted by aogiri at 20:43| 東京 ☁| 主題歌・挿入歌・合唱・手話etc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今村寛先生「よりそい人」に託された想い

先日、双葉町の方々が避難生活を送っておられたの旧騎西高校での復興支援イベントにライブ出演させていただいた際に、故今村寛先生が作詞された「よりそい人」という歌をみんなで一緒に歌いました。

12801204_977891395627493_3190206701373166736_n.jpg

その歌詞から溢れる優しさに、胸が熱くなります。


避難されてきた双葉町の方々の心に寄り添い、NPO法人「加須ふれあいセンター」での活動に精力的に取り組まれていた今村寛先生が、ご病気により昨年11月19日享年56歳にて永眠されていたことを知り、とてもショックです‥‥。

昨年「アオギリにたくして」上映を加須の保寧寺で行わせていただいた際に、今村先生が双葉町の方と共に映画を見に来てくださました。

私は、今村先生と2回しかお会いしたことがないのですが、今村先生が歌詞に込められた思いを感じる時‥‥どんな時も優しい眼差で命を見つめ続けておられた先生の姿が偲ばれます。

日々、テレビから流れる悲しいニュースの中で、何のための教育なのだろう?と感じることが多々ある中にあって、今村先生のような先生が学校教育の現場におられたことに救いと希望を感じます。

今村寛先生のご冥福を心からお祈り申しあげます。



「よりそい人」  作詞:今村寛 
〜加須ふれあいセンターイメージソング〜

「大丈夫 」その言葉は 悲しみ振りはらうように
「忘れない」その言葉は 君に誓うように

 緑の風が この街に吹きわたり 
 風のタクトで 鳥たちが歌う日まで
 僕らは誓うよ 共にあることを 
 寄りそい 寄りそわれる 遠い記憶のまま

 寄りそうことは 見つめること
 おざなりの言葉はいらない
 目を閉じて 絆に身をゆだねよう
 この地球(ほし)の寄りそい人なら
 この地球(ほし)の寄りそい人だから


「いつの日か」 その言葉は 朝日がふり注ぐように
「信じたい 」その言葉は 海に届くように

 双葉の ひかり この街によみがえり
 夢を抱いて もう一度集う日まで
 僕らは誓うよ 共にあることを
 寄りそい 寄りそわれる 遠い記憶のまま

 寄りそうことは 見つめること
 おざなりの言葉はいらない
 目を閉じて 絆に身をゆだねよう
 この地球(ほし)の寄りそい人なら
 この地球(ほし)の寄りそい人だから

 寄りそうことは 見つめること
 おざなりの言葉はいらない
 目を閉じて 絆に身をゆだねよう
 この地球(ほし)の寄りそい人なら
 この地球(ほし)の寄りそい人だから
 そうみんな 寄りそい人だから

12718312_974492305967402_1666653701321039217_n.jpg



NPO法人「加須ふれあいセンター」は、今も放射能汚染のため帰還困難区域となっている双葉町の方々を中心に支援活動を続けておられます。是非とも皆様のご支援を宜しくお願い申しあげます〜!!

◎NPO法人加須ふれあいセンター公式HP
http://kazofureai.com

posted by aogiri at 18:34| 東京 ☁| 最新情報 What's New? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

No more Hiroshima! No more Nagasaki! No more Fukushima!

東日本大震災から5年となります。

先日、避難所になっていた埼玉県の加須市にある(旧)騎西高校でイベント「五年目の3・11」が、被災者を支援するNPO法人「加須ふれあいセンター」様の主催で行われ参加させていただきました。

12821637_977198979030068_3221595457557003277_n.jpg

昨年、加須の保寧寺での「アオギリにたくして」上映を企画してくださった安部素子さんと、映画を見に来てくださった「加須ふれあいセンター」の方々との出会いから今回このイベントに参加させていただくことになりました。

騎西高校.JPG

3月5日・6日の二日間にわたり、映画「アオギリにたくして」を上映が行われ、よりそいコンサートのお手伝いを弊社でさせていただき、6日の最後のライブにプロデューサーで音楽を担当する中村里美と伊藤茂利が歌とギターで参加させていただきました。

この度のイベントが開催された旧騎西高校には、東京電力福島第一原発事故で、福島県双葉町から避難されて来た方々が2013年12月まで2年9カ月間暮らしていました。避難者は最大約1400人になったそうです。

12800382_831924200270133_932281284961941282_n.jpg

段ボールで低く仕切った当日の避難生活の様子が再現され、その様な状態が震災後に長く続いていたことを初めて知り、心が締めつけられる思いでした。

※下記URLの記事に、震災後2年目の避難生活の現状が書かれています。
➡︎ http://diamond.jp/articles/-/32787


12802855_1681410052097467_6145115472984898622_n.jpg

双葉町は、原発から半径10キロ以内にあり、強制避難区域に指定され、町民は避難を余儀なくされました。今も帰還困難区域とされています。

福島原発のことを心配されながら、3・11の4カ月後に亡くなられた映画「アオギリにたくして」のモデルとなった被爆者の沼田鈴子さん。最後にお会いした時、「死ぬのは簡単だけれど、生きて伝えなければ‥‥」とおっしゃっていた言葉を今も忘れることができません。

双葉町の皆様と交流し、みんなが繋がりあう場に参加させていただき、心より感謝申し上げます。

そして・・・、
5日には、映画「アオギリにたくして」の上映のあと、ドキュメンタリー「フタバから遠く離れて」が上映されました。この作品を製作されたドキュメンタリージャパンのプロデューサー橋本佳子さんに、なんと20年ぶりにお会いする機会をいただきました。

戦後50年の夏、当時私は、異文化コミュニケーションマガジンの編集長をしており、8カ国の世界の若者たちがヒロシマ・ナガサキの被爆体験を日本語で伝える朗読劇「トンボが消えた日」のプロデューサーをしていました。

その朗読劇の製作の過程をドキュメンタリーで追っていたのが橋本佳子プロデューサーでした。戦後50年特別番組としてテレビ放映され、広島を訪れた世界の若者たちがお話を聞かせていただいたシーンで登場されたのが沼田鈴子さんでもありました。

橋本佳子プロデューサーとの20年ぶりの出会いに、月日の流れを感じながら‥‥
「フタバから遠く離れて」という素晴らしいドキュメンタリーのプロデューサーをされ、上映会場に足を運んでおられる姿に感動致しました。

この貴重なドキュメンタリー「フタバから遠く離れて」を、多くの人に見ていただく機会が広がっていく様にと心より祈っています〜!!

12803246_1681683985403407_7090505687572388470_n.jpg


No more Hiroshima!

No more Nagasaki!

No more Fukushima!


「二度と自分と同じ苦しみを世界中の誰にもさせたくない」という思いで、辛く苦しい体験を語り継いでおられる方々の思いを届けていきたい!と、改めて強く感じました。
posted by aogiri at 17:23| 東京 ☁| 映画「アオギリにたくして」について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする