2016年06月27日

7/16 世田谷区平和都市宣言事業:平和映画祭『アオギリにたくして』上映

7/16 世田谷区平和都市宣言事業:平和映画祭「対談:谷久光 × 保坂展人区長」& 映画『アオギリにたくして』上映

世田谷区平和都市宣言事業として7月16日(土)に開催される「平和映画祭」にて、映画『アオギリにたくして』が上映されます。上映の前には、世田谷区長の保坂展人氏と日本記者クラブ会員の谷久光氏による対談「戦争体験の継承と平和推進」が行なわれます。皆様のご来場をお待ちしています。

世田谷 平和映画祭ちらし(表).jpg

世田谷区平和都市宣言事業
平 和 映 画 祭
平和の尊さを思い、世界の恒久平和を願って、平和都市宣言の主旨に基づいた平和映画祭を今年も開催いたします。

◎開催日時:平成28年7月16日(土)午後2時開会
※午後1時30分より受付を始めます。

◎場 所 : 教育センター3階「ぎんが」
(世田谷区弦巻3−16−8)    
※直接会場(3階受付)へお越しください。
参加者多数の場合は立ち見になる場合がございます。

◎ 内 容  対談
「戦争体験の継承と平和推進」 午後2時10分〜 
 谷 久光(日本記者クラブ会員)        
 保坂展人 (世田谷区長)
       
◎映画上映 「アオギリにたくして」 午後3時〜
(上映時間1時間40分  終了予定午後4時45分)

◎主  催:世田谷区生活文化部
      人権・男女共同参画担当課

◎問い合わせ:せたがやコール
TEL:03-5432-3333 Fax:5432-3100
posted by aogiri at 23:35| 東京 ☀| 上映予定一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7/30 大分県別府『いのちの音色』ライブ &『アオギリにたくして』2回上映

7/30(土)10:00〜大分県別府『いのちの音色』ライブ(歌・語り:中村里美・ギター・語り:伊藤茂利)社会教育総合センター/午後『アオギリにたくして』2回上映(別府ブルーバード会館3Fフレックスホール)


7月30日(土)大分県別府市社会教育総合センターにて、歌と語りでヒロシマ・ナガサキを伝える中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」ライブが行われます。毎年夏は、大分県での公演に伺わせていただいておりますが、今年は7月30日に別府にて、8月6日に国東で「いのちの音色」公演が行われます。皆様とお会い出来きることを心より楽しみにしています〜!

10313035_623164947766808_1985531903694336664_n.jpg


【大分県・別府市】中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」
◎日時:2016年7月30日(土) 
 10:00〜10:05 開会行事
 10:10〜11:40 中村里美&伊藤茂利『いのちの音色 〜ヒロシマ・ナガサキを語り継ぐ〜』
 11:40〜11:50 閉会行事
◎場所:大分県別府市 社会教育総合センター
(ニューライフプラザ)多目的ホール
◎主催:大分県教職員組合別府支部
◎お問合せ TEL: 0977-72-2439
※参加者:教職員と各学校の保護者、一般の方々


また、この度の別府「いのちの音色」公演の機会に、是非映画の上映もとお声をかけていただき、「アオギリにたくして」上映実行委員会・別府の皆様が、別府ブルーバード劇場3Fのフレックスホールにて、同日の午後14:00〜と17:00〜の2回上映していただけることになりました〜♪♪♪皆様に心より感謝もうしあげます〜!


〜映画「アオギリにたくして」上映〜
◎日時:2016年7月30日(土)14:00〜/17:00〜(2回上映)
◎会場:ブルーバード会館3F フレックスホール(定員:186席)
◎料金:前売り・当日共に1000円
◎主催:「アオギリにたくして」上映実行委員会・別府
◎お問合せ TEL: 0977-73-2985(担当:荒金三佳(あらかね みか))


「別府ブルバード劇場」様では、九州で初の「アオギリにたくして」劇場公開をしていただき、その後も毎年、館主の岡村照様と実紀マネージャー様がライブや上映を企画してくださり大変お世話になっています〜!!この度の「上映実行委員会・別府」の皆様による上映も、別府ブルーバード劇場様の3Fでしていただけることになり、とっても嬉しいです〜♪♪♪


別府の皆様とまたお会いできることを楽しみしています〜!!
皆様よろしくお願い申し上げます〜!!

posted by aogiri at 23:33| 東京 ☀| 上映予定一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

7/23 岩手県盛岡の”おでってホール”にて映画『アオギリにたくして』4回上映〜!

2016年7月23日(土)、岩手県では二度目となる映画「アオギリにたくして」上映会が盛岡の「おでってホール」 (プラザおでって3階)にて行われます。(4回上映!@AM10:00〜 APM1:00〜 BPM3:30〜 CPM6:30〜)。今回は、製作スタッフが伺えず大変残念ですが、盛岡の皆様、何卒よろしくお願い申しあげます〜!

2016.07.23チラシ裏-2.jpg

〜映画「アオギリにたくして」盛岡上映〜
◎日時:7月23日(土曜日)
@AM10:00 APM1:00 BPM3:30 CPM6:30
◎前売券:大人1,000円(当日1,200円) 大学・高校生500円(当日同じ) ※中学生以下無料
◎プレイガイド:おでって、川徳、アネックスカワトク、岩手県民会館、盛岡市内生協各店
◎主催・お問合せ:映画「アオギリにたくして」上映実行委員会 019-652-1826
◎後援:盛岡市・盛岡市教育委員会
posted by aogiri at 21:18| 東京 ☀| 上映予定一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

この夏 再び!大分県国東市:中村里美・伊藤茂利「いのちの音色」 &『アオギリにたくして』上映

ここ何年か毎年8月6日は、歌と語りで伝える「いのちの音色」公演で大分県に伺っています。


今年の8月6日のライブ公演は、大分県国東市の武蔵セントラルホールで予定されていますが、公演の前に国東市のママさんコーラス「ソレイユ」の皆様が一緒に主題歌「アオギリにたくして」歌ってくださいます〜!心より楽しみにしています〜♪♪♪


国東といえば、「アオギリ会国東」を立ち上げ、昨年夏は「アオギリにたくして」を上映してくださった衣笠邦彦さんと松岡照美さん。このお二人の情熱と純粋な魂にどれ程力をいただいたことでしょう。


お二人の熱い思いが広がり、伊美小学校での被爆アオギリ2世植樹が行われ、伊美小学校の7月の朝の歌には主題歌「アオギリにたくして」を選んでいただき、子供達がみんなで歌ってくれました。その後、武蔵中学校、国見中学校にも広がり、寒い冬を超えて昨年植樹された被爆アオギリ2世は元気に育っています。


13428011_1280458628648120_1333812132289607092_n.jpg
▲広島市から送られた小さな苗がたった一年でこんなに大きく成長しました〜!!


そして、今年、8月6日に国東市での「いのちの音色」公演が行われることになったことを受けて、前日の8月5日に今年も再び!アオギリ会国東主催の映画「アオギリにたくして」上映が行われることになりました〜!「アストくにさきマルチホール」にて、午後4時〜と7時〜の二回開催されます。我々は、5日の日の午前中は大阪で中学校ライブを行っていますが、ライブ終了後に大分に入り、上映の後のご挨拶に間に合うように伺いたいと思っています。



また、今回の国東市でのライブ&上映には、 長崎で被爆しながらも救護活動をされた永井隆博士の生い立ちの家や母校の(旧)飯石小学校のある島根県「雲見の里いいし」事務局長の錦織斉子さんも駆けつけてくださることになりました〜!!昨年、錦織斉子さんからいただいた一本のメールがきっかけとなり、飯石の皆様とのご縁をいただきました。昨年は「アオギリにたくして」上映をさせていただき、この春には、永井隆博士の母校である飯石小学校の閉校式に伺わせていただきました。先日行われたアメリカ上映でも永井隆博士を知る方々から大変歓迎していただき、国を超えて平和を願う人と人の絆の素晴らしさ感動しています。


アオギリのご縁で、ステキな人と人のネットワークがどんどん広がっていくことが、ライブ&上映活動を通して何よりも一番嬉しいことです。皆様との出会いに改めて感謝申し上げます。




今回の大分県国東での、ライブと上映は、大分県教職員組合国東支部の皆様とアオギリ会国東の皆様の協力の元開催されます〜!皆様とお会いできる日を心より楽しみにしております〜!!



P.S. 今年の大分県での「いのちの音色」ライブ公演は、7月30日に別府でも行われることになりました。別府でも、ライブ後に「アオギリにたくして」上映が行われることになり、その他でも現在ご検討をいただいています。詳細等、決まり次第告知させていただきます〜♪



13435998_1276511035709546_886097198_n.jpg
▲「アオギリ会国東」の衣笠さんが作ってくださったチラシ♪



〜6/21現在、確定している大分県での上映&ライブ情報〜

【大分県・別府市】中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」
◎日時:2016年7月30日(土) 
 10:00〜10:05 開会行事
 10:10〜11:40 中村里美&伊藤茂利『いのちの音色 〜ヒロシマ・ナガサキを語り継ぐ〜』
11:40〜11:50 閉会行事
◎場所:大分県別府市 社会教育総合センター
(ニューライフプラザ)多目的ホール
※参加者:教職員と各学校の保護者、一般の方々(定員150人)
※ プロデューサーの中村里美と伊藤茂利による「いのちの音色」ライブ公演です。今回は、映画の上映はありません。



【大分県・国東市】
◎日時:2016年8月5日(金)
◎場所:アストくにさきマルチホール
一回目:午後4時開場・4時30分上映開始
二回目:午後7時開場・7時30分上映開始
◎当日券のみ販売:大人1300円/学生(中学生・高校生)600円/小学生以下:無料
◎主催:アオギリ会国東(代表:衣笠邦彦 090-4516-4113)
国見町伊美:0978-82-0285
後援:大分合同新聞・NOAS FM・国東市商工会
協力:大分県教職員組合国東支部/大分県教職員組合別府支部
⭐︎プロデューサー&音楽の中村里美と伊藤茂利が伺います。



【大分県・国東市】中村里美&伊藤茂利「いのちの音色」
◎日時:2016年8月6日
18:00〜18:20 「平和の歌声」(ママさんコーラス「ソレイユ」)
18:20〜18:25 開会行事
18:25〜20:00 講演:中村里美・伊藤茂利
「いのちの音色」ヒロシマ・ナガサキを語り継ぐ
20:00〜20:05 閉会行事
◎会場:武蔵セントラルホール(定員400名)
◎主催:大分県教職員組合国東支部
参加者:教職員と各学校の保護者、一般の方々
※ プロデューサーの中村里美と伊藤茂利による「いのちの音色」ライブ公演です。今回は、映画の上映はありません。
posted by aogiri at 23:32| 東京 ☀| 上映予定一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

2016年夏「アオギリにたくして」日本国内上映情報(6/17現在)

6/17現在の映画『アオギリにたくして』日本国内上映情報の一部です〜!夏の上映に向けてまだご検討中の皆様がいらっしゃいますので、詳細が決まり次第告知させていただきます。今後も日本全国上映が続いていきます。是非皆様の町で『アオギリにたくして』上映をご検討ください。お気軽にご相談ください〜!(自主上映の方法 ➡︎ http://aogiri-movie.net/myscreen/

アオギリの木の下(緑)アイコン.jpg


【東京・世田谷】会場:世田谷区立教育センター
◎日時:2016年7月16日
    13:30〜入場/14:10〜 区長対談(保坂展人区長 × 谷久光氏)
    15:00〜映画『アオギリにたくして』上映
⭐︎中村柊斗監督、プロデューサー&音楽の中村里美・伊藤茂利が伺います。



【兵庫県・宝塚市】会場:宝塚リリオホール
◎日時:7月21日
◎会場:宝塚リリオホール
◎料金:無料
◎主催:宝塚市人権推進課



【岡山県・笠岡市】会場:笠岡市ギャラクシーホール
◎日時:2016年7月23日 14:00〜
◎料金:無料
◎主催:笠岡市
◎問い合わせ:笠岡市人権推進課
TEL:0865-69-2120



【岩手県・盛岡市】会場:おでってホール(プラザおでって3F)
◎日時:7月23日(土)
1回目:10:00〜
2回目:13:00〜
3回目:15:30〜
4回目:18:30〜
◎入場料:大人1000円(当日:1200円)
大学・高校生:500円(当日同じ)※中学生以下無料
◎主催:映画「アオギリにたくして」実行委員会
◎後援:盛岡市/盛岡市教育委員会
◎プレイガイド:おでって、川徳、アネックスカワトク
◎お問合先:映画「アオギリにたくして」実行委員会
TEL: 019-652-1826



【宮城県・大崎市】会場:大崎生涯学習センター
◎日時:2016年7月28日(10:30〜)
◎主催:みやぎ生活協同組合
◎料金:生協会員➡︎無料/一般1000円
◎連絡先:宮沢 023-641-0343(山形県映画センター)
☆プロデューサー中村里美&伊藤茂利による演奏&トーク



【宮城県・石巻市】◎会場:生協文化会館
◎日時:2016年7月29日(10:30〜)
◎主催:みやぎ生活協同組合
◎料金:生協会員➡︎無料/一般1000円
◎連絡先:宮沢 023-641-0343(山形県映画センター)
☆プロデューサー中村里美&伊藤茂利による演奏&トーク



【東京都】
◎日時:2016年7月30日(土)
 開場:10:00 上映10:15〜11:55
◎会場:等々力地区会館2F小会議室
    世田谷区等々力3-25-6
◎参加費:生協組合員とその家族:300円/非組合員600円
     子供・小学生・中学生は無料♪(定員300名)
◎主催:東都生活協同組合 野毛ブロック
◎お申し込み:調布センターTEL:042-480-7201
※申し込み多数の場合は、抽選の上ご連絡いたします(締切7/22)



【大分県・別府市】◎会場:大分県別府市 社会教育総合センター
◎日時:2016年7月30日(土) 10:00〜
10:00〜10:05:開会行事
10:10〜11:40      
 〜講演:中村里美・伊藤茂利『いのちの音色〜ヒロシマ・ナガサキを語り継ぐ〜』
11:40〜11:50:閉会行事
◎会場:別府市社会教育総合センター(ニューライフプラザ)多目的ホール
◎参加者:教職員と各学校の保護者、一般の方
☆プロデューサー&音楽の中村里美・伊藤茂利による「いのちの音色」公演
※ 映画上映はありません。




【東京都・稲城市】
◎日時:2015年7月31日
◎場所:稲城市中央文化センター集会室を予定
◎会費:大人500円/高校生以下無料
◎お問合せ:042-378-1507(大石)
※詳細は分かり次第告知
※中村柊斗監督がご挨拶に伺います。



【広島県・広島市】映画館「シネツイン」にて
◎日時:2016年7月31日(日)10:00〜
※「ひろしまアオギリ合唱団」の皆様による主題歌の演奏が行われます〜!




【福岡県】◎会場:朝倉地域生涯学習センター
◎日時:2015年8月2日
◎主催:朝倉地域人権センター



【宮城県・仙台市】◎会場:シルバーセンター
◎日時:2016年8月3日(10:30〜/13:30〜)
◎主催:みやぎ生活協同組合
◎料金:生協会員➡︎無料/一般1000円
◎連絡先:宮沢 023-641-0343(山形県映画センター)
☆プロデューサー中村里美&伊藤茂利による演奏&トーク




【岡山県】中学校上映
◎日程:8月4日




【大阪・中学校】中学校ライブ公演
◎日時:2016年8月5日
☆プロデューサー中村里美&伊藤茂利による「いのちの音色」ライブ
※ 今回は、映画の上映はありません。





【大分県・国東市】◎会場:アストくにさきマルチホール
◎日時:2016年8月5日(金)
一回目:午後4時開場・4時30分上映開始
二回目:午後7時開場・7時30分上映開始
◎当日券のみ販売:大人1300円/学生(中学生・高校生)600円/小学生以下:無料
◎主催:アオギリ会国東(代表:衣笠邦彦 090-4516-4113)
国見町伊美:0978-82-0285
後援:大分合同新聞・NOAS FM・国東市商工会
協力:大分県教職員組合国東支部/大分県教職員組合別府支部
⭐︎プロデューサー&音楽の中村里美と伊藤茂利が伺います。




【大分県・国東市】◎会場:武蔵セントラルホール
◎日時:2016年8月6日
18:00〜18:20 「平和の歌声」(ママさんコーラス「ソレイユ」)
18:20〜18:25 開会行事
18:25〜20:00 中村里美・伊藤茂利ライブ公演
      〜「いのちの音色」ヒロシマ・ナガサキを語り継ぐ〜
20:00〜20:05 閉会行事
◎主催:大分県教職員組合国東支部
※ プロデューサーの中村里美と伊藤茂利による「いのちの音色」ライブ公演です。今回は、映画の上映はありません。





【兵庫県・芦屋市】◎会場:上宮川文化センター
◎日時:2016年8月6日
10:30〜/13:30〜
◎料金:無料
◎主催:芦屋市人権課




【兵庫県・伊谷市】◎会場:伊丹市中央公民館
◎日時:2016年8月6日(2回上映)
◎主催:伊丹市中央公民館




【埼玉県・深谷市】◎会場:深谷市民会館
◎日時:2016年8月6日(9:30〜)
◎主催:深谷市役所




【岡山県】中学校上映
◎日程:8月9日



【大阪・狭山市】◎会場:さやまホール
◎日時:2016年8月13日
◎主催:狭山市



【大阪・泉南市】◎会場:泉南文化ホール
◎日時:2016年8月21日
◎主催:泉南市



【東京都・杉並区】
◎日時:2016年9月3日(土)
◎会場:決まり次第告知します
◎主催:東京生協共同組合第5地域 地域委員会
◎お問合せ:TEL 03-5384-7501



【神奈川県・大和市】◎会場:大和市保健福祉センター大ホール
◎日程:2016年9月9日
◎入場料:前売り➡︎なし/当日:1000円
◎お問い合わせ:0120-918-700(担当:パソコン教室お元気さん)
◎主催:一般社団法人健康コンシェルジュ日本
◎お申し込み&お問合せ:0120-918-700(パソコン教室:お元気さん)
※中村柊斗監督がご挨拶に伺います。



【埼玉県・戸田市】◎会場:戸田市文化会館
◎日時:2016年11月3日
◎会場:戸田市文化会館
◎料金:無料
◎主催:戸田市役所



【東京都・港区】◎会場:麻布区民センター
◎2016年11月23日(祝)
◎入場料金:1000円
◎3回上映+演奏&歌
※詳細は分かり次第告知します。
⭐︎中村柊斗監督・プロデューサー&音楽の中村里美・伊藤茂利が伺います。
posted by aogiri at 09:52| 東京 ☁| 上映予定一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「被爆者という人間はいない」

この度の映画「アオギリにたくして」アメリカ上映を無事終えて、これから夏に向けて日本国内での上映行脚が始まります。


日本に帰国し、2週間留守にしていたので、しばらくは山済みとなった仕事に追われていましたが、ようやく少し落ち着きました。



13413143_837330546372038_8502501610132796411_n.jpg



アメリカ上映に出る前に、国内で暮らす外国人や留学生に映画を観ていただく機会をいただいていたので、ある程度の手応えは予測していましたが、思った以上の反響をいただきました。



きっとそれだけ、被爆者の方々が原爆投下後にどんな思いで生きてこられたのかが知られていないのだと改めて感じました。



岩佐幹三さんが語っておられた「被爆者という人間はいない」という言葉が何度も思い出されました。


岩佐先生のお母さんは、原爆で崩壊した家の下敷きになり、梁が乗っかっていたため、助け出すことが出来ないまま、火の手が回ってきたと言います。お母さんをおいて逃げざるを終えなかった岩佐さんは、「お母さんを殺してしまった」という思いと共に、泣くことを閉じ込めて生きてきたと言います。


映画「アオギリにたくして」の金沢上映に東京から駆けつけてくださった岩佐先生は、「被爆者は…被爆者の一生は、言ってみれば‥‥自分との戦いなんです‥‥」と語っておられました。


この世の中に、被爆者という特殊な人間はいない。ふつうの人間が、戦争、原爆の被害にあって、被爆者という運命を背負わされた。そして、私たちも、もしかしたら明日は被爆者になるかもしれない。


No more Hiroshima, No more Nagasaki, No more Hibakusya, No more war!
「世界中の誰にも自分と同じ苦しみをさせたくない」というその思いは、生き地獄を見てきた被爆者の方々が、絶望の果てに見た願いと祈りなのだと思います。



この度のアメリカ上映で、いろいろなコメントをいただきましたが、上映後にいただいたコメントの中で、私にとって一番心にしみたのは、「なぜ被爆者は、こんなにも自分が辛く苦しい体験をしながら、平和を願い、平和への貢献を果たそうとすることが出来るのでしょうか」というものでした。



まさに、その部分を深く感じとっていただけたなら、そこから平和が始まっていくと感じています。



アメリカでは、「原爆投下は正しかった」という人々がまだまだ多いものの、徐々に減少し、世論調査では若い世代の数値が逆転してきているという報告もなされています。



しかし一方で、
アメリカが「悪い国」だと判断すれば、その国に核兵器 を使用しても許されるという核兵器を持っている国の論理はしっかりと生きています。



そして、ヒロシマ・ナガサキの実情はまだまだ知られておらず、それはアメリカや海外だけの話ではなく、悲しいかな日本でも同じ状況なのかもしれません。私自身もそうであったように‥‥。



オバマ大統領の広島訪問を意味あるものにするためには、私たち一人一人が、被爆者の声に耳を傾け、平和な世界をつくっていくために自分たちに出来ることを行動に移していくことが大切だと思います。



これだけ、ヒロシマ・ナガサキの実情が知られていない中で‥‥
原爆を投下したけれど、今ではこうして両国の同盟関係ができて、被爆者の方々も日本の人たちもアメリカ大統領の広島訪問をあんなに喜んでいるのだから、これはこれでよかったのだなどと間違っても単純な解釈をされることのないように、そのためには、ヒロシマ・ナガサキの心を、生き地獄を見た生き証人である被爆者の方々が絶望の果てに立ち上がり、地球の未来を考え、心の底から真の平和を願っているその思いを、しっかりと伝え続けていくこと、それが今一番大切なのではないかと感じています。



地道で小さな一歩一歩ではありますが、これからもアメリカ市民の皆様にご企画いただき、今後もアメリカ上映を続けながら、その他の国での上映にも力を注いでいきたいと思います。



まずは、これからはじまる日本国内の夏の上映&ライブに向けて全力投球していきたいと思います。



改めて、映画「アオギリにたくして」のアメリカ上映にご支援・ご協力くださった皆様、応援してくださっている皆様に心より感謝申し上げます。今後ともよろしくお願い申しあげます。

posted by aogiri at 09:51| 東京 ☁| 最新情報 What's New? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

NHKラジオ「夕方ニュース・先読み!」で紹介された映画『アオギリにたくして』の6/15内容が視聴できます〜!(2週間以内)

夕方先読み!n.jpg

アメリカ上映を終えて、NHKラジオ第一「夕方ニュース・先読み!」の 6/15夕方トッピックで映画『アオギリにたくして』をご紹介いただき、お話しさせていただきました。放送された内容が下記のHPより視聴できます。

〜NHKラジオ第一「夕方ニュース・先読み!」6/15夕方トピック〜
「映画・アオギリにたくして」中村 里美さん(シンガーソングライター、映画プロデューサー)」

➡︎http://www4.nhk.or.jp/hitokoto/364/

※上記URLをクリックすると視聴できます〜!
視聴できる期間は約2週間ぐらいとのことです〜♪♪♪

posted by aogiri at 20:23| 東京 ☔| 映画「アオギリにたくして」について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

映画「アオギリにたくして」アメリカ100回上映&ライブを目指して〜♪

本日6月15日(水)17:13〜23分に予定されているNHK「ラジオ先読み!夕方ニュース」夕方トピックで映画「アオギリにたくして」を取り上げていただきます。スタジオにお伺いさせていただき、アメリカ上映の様子の一部を、お話しさせていただく予定です。


「アオギリにたくして」アメリカ上映行脚へのご支援・ご協力をいただいた皆さま、応援してくださった皆様に改めて深く感謝申し上げます。


この度のアメリカ上映の上映に向けてご支援くださった皆さまのお名前をSpecial Thanks として、英語公式HPと英語字幕版の上映後の最後にローマ字表記で入れさせていただきました。(※ アメリカ上映でも募金をいただき、心より感謝申し上げます。新たに募金いただいた方々のお名前は、次回の上映までにエンドロールの最後にローマ字表記でSpecial Thanks としてお名前を追加させていただき、いただいた募金は次回アメリカ行脚で大切に使わせていただきます)。
ご支援くださった皆さまに、改めて心より深く感謝申し上げます。


⭐︎Special Thanks⭐︎
Donald and Marion Lathrop, Takako Koike, Sumi Okawa,
Jumpei Takahashi, Russ Board, Brian Amustus
Kaoru Oyagi, Tomoe Nishimura, Takamitsu Yamanaka
Kazuyoshi Kitaoka, Katsumi Nakane, Kayoko Nakane
Kyoritsusha alive hood co-operative society,
Kunihiko Kinugasa, Terumi Matsuoka
Allen Miller, House of Peace, New England Peace Pagoda


皆さまのおかげで、海外上映活動の第一歩を踏み出すことが出来ました!!
改めて心より深く感謝申し上げます。本当にありがとうございました〜!!


今回はレンタカーで移動し各主催者の皆さまのところにホームステイさせていただきながら、ニューヨーク州・マサチューセッツ州の学校や教会、公立図書館などで計6回の上映が連日行われましたが、映画を観てくださった方々の心に、私たちが伝えたかったメッセージがしっかりと届いていることが感じられ、想像以上の反響をいただき、大変嬉しく驚いてもいます。


被爆体験の語り部として生きた一人の女性の生涯を描くことで、原爆で尊い命を失った方々のこと、被爆者の方々の存在を知り、そして、そのお一人お一人に尊い人生があったことを想像し、どんな思いで被爆者の方々が体験を語るに至ったかを考えることで、原爆や戦争を繰り返してはいけないという思いと共に、今を生きる私たちが、これからどうすべきかを深く考えるきっかけが映画上映を通して生まれ、深い感動につながっていると感じてています。


もっとたくさんの方々に見せたい、学校で上映したい、映画祭に出したい、マスコミで取り上げたい等のたくさんのご意見をいただきました。


アメリカの学校等で原爆映画の上映を行い、日本人ボランティアが被爆者の方々のメッセージを語り継ぐ草の根活動を続けてこられたレイスロップご夫妻と、その活動をずっと支えご支援してこられた陶芸家の小池崇子さんが企画してくださり、蒔いてくださった平和の種を何としても育てていけるよう、まずは米国100回上映を目指していこうと心に誓って日本に戻ってまいりました。


アメリカでは原爆の実情を知らないまま、簡単に原爆を落とせばと平気で考える方々が増えていていることをレイスロップご夫妻が心配されていました。アメリカ上映に動向してくだっさり、通訳とコーディネートをしてくださった小池崇子さんが、帰国前にレイスロップさんからいただいたウォールストリートジャーナルの記事を要約してくださいました(下記)。


◎THE WALL STREET JOURNAL, Saturday/ Sunday, May 21-22, 2016
 Would We Drop The Bomb Again ?

「1945年では53%の人が原爆を落した事に同意していた。しかし、2015年は同じような検証で28%の人が正しい選択だったとしている。つまり戦後核兵器は使わないと言う考えが多数であった。ところが、昨年7月の調査では、もしイランが核削減の交渉で協定を破り、それに対してアメリカが制裁を加えた場合、イランが反発してアメリカのペルシャ湾のU.S. aircraft carrier を攻撃して2403 人のアメリカ人が殺された場合---つまり先の大戦と同じ状態ーー日本がパールハーバーを攻撃したような事が現在起こった時、アメリカの判断は、驚いたことに59%の人が イランの町に核兵器を落としても良いと言う結果を出している。その中で共和党は81%が良しとし、47%の民主党も賛成すると言う結果が出ている。つまり、今日のアメリカの世論は、1945年のようにもし大統領が核兵器を使おうとした時、それに賛成するかもしれない」と言う記事でした。


オバマ大統領の核なき世界の実現は、現実的にはなかなか進んでいないという批判もあります。なかなか核廃絶が進まないぐらい反対も多い現実がある中で、だからこそ、核なき世界を目指すには、私たち一人一人が自分に出来ることを行動に移し、平和を願い、平和づくりに携わっていくことが大切なのだと思います。


さらに、憎しみの連鎖によって、テロによる危険性も高まる中、
「同じ苦しみを世界中の誰にもさせたくない」と、本当は二度と思い出したくない体験を語り継いでおられるヒロシマ・ナガサキの被爆者の方々のメッセージを世界に発信していく大切さを改めて強く感じています。



今回のアメリカ上映を経て、これからまた必死に準備を行い、アメリカ市民の皆さまに上映を企画していただきながら、引き続きアメリカ上映が広がるようがんばります!そして、他の国への上映も進めていきたいと思っています。


◎レイスロップご夫妻
レイスロップご夫妻2.JPG
▲日本人の真似をして、口に手を当てて笑っています〜♪


レイスロップご夫妻&小池さん.JPG
▲この度のアメリカ上映で大変お世話になったレイスロップご夫妻と小池崇子さん




◎レイスロップご夫妻と一緒にダンス!

▲日本への帰国を前に、レイスロップご夫妻宅滞在の最後の日に、疲れをとって体をストレッチするために、レイスロップご夫妻に教えていただき、みんなで一緒にダンス〜♪♪♪




この度のアメリカ上映での旅は、
これまでの点が線となり、自分の中で過去と今と未来がつながる
とても貴重な体験となりました



日本国内1000回上映と共に、アメリカ100回上映を目指し、その他の国々にも上映の輪を広げていけるようにがんばります〜!!
posted by aogiri at 14:13| 東京 ☁| 上映予定一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

北岡和義氏 静岡新聞「時評」

北岡さん静岡新聞記事.jpg



先日「アオギリにたくして」上映会を開催してくださった北岡和義さんが書かれた静岡新聞の時評の記事です。
「アオギリにたくして」にも触れていただき、心より感謝申し上げます。


静岡新聞コラム「時評」
核廃絶へ小さな一歩踏み出す
米国大統領、ヒロシマ訪問

北岡和義(ジャーナリスト・日本ペンクラブ理事)

平和記念資料館の玄関を出た二人の男は肩を並べ平和公園をゆっくり歩いた。二人のすぐ後に慰霊碑があり、後方で炎がめらめら燃え上がっている。「平和の灯」なのか、「慰霊の灯」なのか。ぼくには死者の憤怒の怒りの灯に思えて仕方がない。さらに後方の世界遺産に登録された 原爆ドームが背景となっている。惨劇の投下の日、この日米首脳は未だ生まれていなかった。テレビの生中継を観ていて思わずこみ上げてくるものがあった。
ついに現職の米国大統領が原爆死没者慰霊碑の前に立った。かなり以前からオバマ大統領は任期中にヒロシマを訪れるのではないかと予想し、講義で学生にも語っていた。それが現実となった。投下以来71年間という長い、長い時間を経たが、歴史の一瞬だったのかもしれない。

43年前ぼくはテニアンという西太平洋の島へ旅した。初めての外国旅行だった。テニアンは人類初の原子爆弾を「エノラ・ゲイ」という名の米軍機に積み込んだ島だった。「ATOMIC BOMB LOADING P.I.T.」という碑が南洋のギラギラ照り返す太陽の下で、ポツンと建っていた。その碑から150メートル離れた地点に二番目の原子爆弾を積み込んだ碑もあった。ここで積み込まれた原子爆弾が長崎に投下された。

ぼくは書いた。
「パール・ハーバーとテニアン島とヒロシマは、『加害者』と『被害者』、『被害者』と『加害者』を考える上で、さらに戦争責任を追及してゆく上で、全く同じ線上に位置するのではないか」(『朝日ジャーナル』1974年1月2日号)

日本の総理大臣が真珠湾へ行き、アメリカ大統領がヒロシマを訪れることこそ「戦争」をこの地球から放逐する第一歩であるという確信を32歳のジャーナリストは抱いていた。だからオバマ大統領が慰霊碑に献花して瞑目した瞬間の感動に熱いものが去来したのである。

オバマのヒロシマ訪問を98%の日本人が支持した。翌朝の新聞はどれも一面トップ記事。大統領が被爆者を抱きしめた写真を掲載した。核廃絶への小さな第一歩を踏み出したと言えるかも知れない。アメリカ国内でも好意的なコメントが目立つ。中国とロシアの反応は欧米のメディアと対照的に冷えていた。

こんな簡単なことにさえ一喜一憂しなければならない人間の“業”を想う。

安倍首相がオバマのヒロシマ訪問を歓迎するコメントを語ったが、なればなぜ、あれほど一方的に安保法案採決を強行したのだろうか。

3日後の30日夕、ヒバクシャの悲劇と愛と生きる勇気を描いた映画「アオギリにたくして」のプロデューサー・中村里美さんがアメリカで上映する運動のため成田空港を飛び立った。

posted by aogiri at 16:23| 東京 ☔| 最新情報 What's New? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初の「アオギリにたくして」アメリカ上映より無事帰国しました〜!

DSC_2477.JPG


30年ぶりにDon & Merry Lathropご夫妻のお家を訪れ、感無量でした。お二人のご自宅を拠点に、様々なご家庭にホームステイしながらニューヨーク州やマサチューセッツ州の図書館や学校、施設、チャーチなどで連日6回の上映会を終えて無事帰国いたしました〜!!


上映会場のセッティングから初の左側ハンドルでの長距離ドライブで移動の毎日!プロデューサーで音楽監督のしげ兄(伊藤茂利氏)の大活躍で、この度のアメリカ上映行脚を終えましたが、何としげ兄さんは5キロも体重が減っていたといいます。確かに大変な上映行脚ではありましたが、充実した毎日となりました。


当初は2時間版で上映予定だったので、完成版データーもすでに準備が整っていたのですが、急遽アメリカ側から100分版での上映のオファーが入り、各会場のプロジェクターが誤作動を起こさないように字幕もデーターに貼り付ける必要があったため、一から全部作り直しとなり、データーが完成したのが渡米3日前!そこから再度見直しなどをしながら、準備が整ったのが渡米直前でした。飛行機に乗る当日の朝に急いで荷物を詰めて成田へ〜♪♪♪アメリカに行く心の準備もないまま気がついたらニューヨークについていました〜!


頼りない我々を叱咤激励し、アメリカまで連れていってくださった小池崇子さんに改めて感謝申し上げます〜!
そして、アメリカではたくさんの反響をいただきました。映画を見てくださったたくさんの皆様が感動してくださり、すでに次の上映に向けて動き出してくださっています。次のアメリカ上映は100回上映達成を目標にがんばっていきたいと思います。


アメリカ上映の様子は、6月15日(水)17:13〜23分に予定されている「NHKラジオ先読み!夕方ニュース」の夕方トピックで「アオギリにたくして」を取り上げていただく際、スタジオにお伺いさせていただきお話しさせていただく予定となっています。


改めてこの度の上映にご支援・ご協力くださった皆様、応援してくださっている皆様に心より感謝申し上げます〜!本当にありがとうございました!!これからも引き続きご支援・ご協力をよろしくお願い申しあげます〜!!
posted by aogiri at 16:02| 東京 ☔| 最新情報 What's New? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする